Go liangying !!

アクセスカウンタ

zoom RSS 北大百年講堂 特別講義 (今日のLiangying)

<<   作成日時 : 2008/03/22 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008年3月20日。 靚穎(リャンイン)は、北京大学百年講堂で、中国が誇る国際音楽家の譚盾(Tan Dun)と超著名プロデューサーのDavid Foster (デビッド・フォスター)等と共に、“音楽夢想,1+1=1”的演講に参加し、現場でみんなのために映画"The Bodyguard"主題曲《I will always love you》,譚盾作曲の映画《夜宴》主題曲《我用所有報答愛》などを歌った。

どうもこの二人には、一つの思いがあるようです。私の勝手な分析では、、
”経済発展が進む中国、娯楽ビジネスの規模は世界最大、21世紀のミュージックシーンは、ココ中国がリードする時代が必ずやって来る。そして、この中国から未来のスターが必ず誕生する。 だから、ココ中国で逸材の発掘をしてそして育成してみたい。”
こんな感じの考えがあるようです。 実際インタビューでもこのようなことを言っています。

この特別講義では、古箏を学ぶ女学生と清華大学合唱団的成員の女の子が舞台に上がって、譚盾とFosterがじきじきに指導する場面がありました。Davidの彼女たちへの評価上々で好印象だったようです。

 また、先にお見せした《擁抱愛的夢想》の収録映像なども放映されたらしいです。
その中でも、やはり話題は、Andrea Bocelliのレコーディングで、彼が中国語をそれもリャンインが発音を教えながら覚えていく様子は、感動します。
 Andrea Bocelliの映像としてもすごいのですが、それをリャンインが一緒にやっている。 
本当に信じられない映像です。
 こんな経験は、二度と出来ないかもしれません。貴重な経験、時間です。
リャンインはこの世に二人と居ない強運の持ち主なのかもしれません。

 リャンインも、この講座で自分の音楽観についてコメントしています。
”CDが私の先生で、”というのは分かりますが、その前後の言葉のニアンスが上手く日本語に訳せませんでした。この意味を正確に知りたいのでそのまま中国語で書きます。
誰か、私にこのリャンインの言葉の正確な訳を教えてください。(英語でもOKです。)

我覚得音楽,很多東西是共通的。
並不是因為中文的歌中国人比較好理解,英文歌以英文為母語的人好理解一点。
対我来説,更在乎整体的感覚,它能給我帯来感覚,不管是什麼語言,我能感受到的東西,我会以我的方式把我的感受再表達出来。
其実很多東西都是跟着感覚走,我的老師就是CD,我学這些歌很多的感覚和想法一開始很簡単的方式就是跟着福斯特先生的很多学生也是我自己很喜歓的歌手。
我希望自己在唱歌方面也能够越来越好。
不期望自己能達到什麼様的高度,就是把自己的感受伝達給大家。

また、実演では、珍しいことに譚盾が電子ピアノで伴奏しながら、リャンインが《我用所有報答愛》を歌いました。 譚盾が伴奏する姿を始めてみました。また、David Fosterもこれまた、自らの伴奏をしてリャンインに”I will always love you”を歌わせます。
 リャンインにかなり自由に歌わせたと言う感じだったのですが、リャンインとDavidが、”I will always love you”を演出した後で、譚盾が、Davidに”ホイットニーと比べてリャンインはどうだった?”と聞くと
Davidは、リップサービスかもしれませんが、”少なくてもさっきはホイットニーより悪くない。” と答えています。

この公演中、この二人はAndrea Bocelliのこととリャンインのことを褒めまくりで。。。。

というより、この親父たち二人は、すっかり靚中(リャンイン中毒または涼粉)です。 あんまり褒めまくっているので、全部は訳しませんが、涼粉以外の人が聞いたら、”いい大人が二人して、靚穎(リャンイン)に誑かされて、何言っているのでしょう?”と思うかもしれません。 後で写真貼っておきますけど、写真でも分かりますよ。。。

 今日のリャンインはけして出来が良かったわけではないと思うのですが、きっとこの二人は、まだ未完成のリャンインの未来に、音楽夢想が見えているのかもしれません。

すこし、面白いなぁと感じたのは、リャンインの音が魅力的に感じるのは、中国人特有の中国語の発音の仕方にあるのではないのか? と彼等が分析していることです。
 
リャンインの発音のいくつかはCDで聞いても確かに魅力的です。 個人的には低音側の声が好きです。 今、”Dear Jane”にハマッテいて、Sharonzzzが、DearJaneが好きだと言っていた意味がやっと分かった気がします。

公演の終盤には、譚盾が、彼の芸術的音楽を代表する”水揺滾”を聞かせてくれたのだそうです。 ”水揺滾”?? もしかして”Water Passion After St. Matthew”のことでしょうか?
もしそうだったら、一回聞いてみたいものです。 MVがアップロードされているのでしょうか。探してみます。

画像


画像


画像


この目で見つめられたら、中年は弱いです。 誰でも涼粉になってしまうかもしれません。
画像


画像


画像


いつもは、厳しい譚盾が、この表情です。 呆れているのか? リャンインをただ微笑ましく観ているだけか?
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
I will always love youは素晴らしい。
巨人の星
2008/03/23 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
北大百年講堂 特別講義 (今日のLiangying) Go liangying !!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる