Go liangying !!

アクセスカウンタ

zoom RSS Zhang Liangying (Jane Zhang) の話3

<<   作成日時 : 2007/05/30 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Liangyingは、小さい時から音楽が好きだったようです。
小さいときにそれほど裕福ではなかったのですが、楽器をいろいろ与えられた時期があるそうです。
しかし、彼女が、ずーと愛用して身近にあったものは、ハーモニカだけだったかもしれません。

本人が言うほど、のんびり屋でもないのですが、歌に関してのみ、努力家です。
他に例を見ないほどの努力家です。 
結構、できないと何度でも執拗に練習するタイプみたいです。
耳が特別にいいのか? いろんなタイプの音声を上手に出すことができます。
これは、中国の女の子特有かも知れないのですが、小さいときから、声の物真似しながら遊ぶことが多いらしく、テレビに出てくるいろいろなキャラクターの声や主題歌などをとても上手に歌います。
このため、、誰かの曲をカバーすると、”アレ 本人(オリジナル)よりリャンインの方がいいかも?” とつい思ってしまいます。
私は、これで、ついうっかりリャンインにハマッテしまった友人を何人も知っています。

リャンインが歌う曲は、ほとんど、のりのよい英語の楽曲が多いのですが、それが、Soulfulというか、日本的には、こぶしが非常に利いているのです。

WIKIにも掲載されていますが、リャンインが英文歌を歌うようになったきっかけは、以下のように伝えられています。
ある日、街のレコード店でマライヤ・キャリーのベスト版を聞いて、あまりにも良いので、何度もそのレコード店の店主に”テープを聞かせください”と頼んだのだそうです。そうしたら、店主が、”テープが痛むので、これ以上繰り返し掛けるわけにはいかない。そんなに気に入ったのなら購入してください。”と言ったのだそうです。それでそのテープを購入することを決意したそうです。 しかし、貧乏でこのベスト版カセットの代金13元が無かったので、その日から、2週間、昼食を食べないで、お金を貯めてやっとカセットを購入したのだそうです。 しかし、そのカセットを聴くための再生機が無い。そこで、友達にお願いしてウォークマンを借りたのだそうです。 その時リャンインはウォークマンの電池を買うお金を出すのが精一杯だったのだと言われています。
このとき、自分で買ったこのテープがリャンインの唯一の宝物で、何度も何度も聞いて歌詞を覚えたのだそうです。
しかし、英語を知らないリャンインが歌う英文歌は発音が完璧では無かったので、お客に馬鹿にされたり、笑われたりしたこともあったようです。 そのたびに良くキレて泣いていたと私の友達は言っていました。
ただ、初めにリャンインの実力を見出して支援者になった地元成都の会社役員のおじさん達が聞いた初めの”Without you"は、伴奏できるバックバンドが無かったので、アカペラで歌ったそうですが、PUBの中のにぎやかな雑騒が一瞬で静まりかえるほど上手かったと言われています。

その時のものではありませんが、ハルピンのテレビ局での収録にアカペラで歌う”Without you"がありますので、リンクしておきます。



また、今でも、レコーディングスタジオ(彼女は牛小屋と呼ぶ)で、なにやら一生懸命に何かを書いている姿を眼にします。 これは、英語の発音を中国語の漢字に置き換えて、メモをしている姿だと考えます。きっと小さい頃に身に着けた彼女の得意技で、何やら非常にたくさんの漢字で発音を分解しているみたいです。
本当に、びっくりしますよ。 発音やフレーズの切り方なんか、日本人の私には、完璧な英語に聞こえます。 かえって、単語が正確なので聞きやすいです。
それでいて、非常にSoulful。 この辺が彼女の魅力でしょうか?

(今では、大学に行って少し英語を習ったり、また、パスポートのスタンプ欄がなくなるほどアメリカに通って仕事をしたせいで、アメリカの税関のおじさんと世間話ができるほど喋れるみたいです。)

彼女は、14歳で、歌謡大会で2位なって以来、味を覚えて、賞金稼ぎを始めます。
一匹狼の歌謡大会荒しです。

主な戦歴;

1988年 14歳 初めて、四川のテレビ局主催の”周末擂台秀”番組で2位になりました。
2001年 17歳 全国“新人新歌大奖赛四川赛区比赛”という大会で成都代表になりました。学校があるので、途中棄権
2001年 “西南航空杯歌手大奖赛” 賞金付きの歌謡大会 決勝進出 途中棄権
2002年 18歳 成都テレビの番組 ”第一回カラオケ歌謡大会” 2位
2002年 成都経済テレビ 33チャンネルの“娯楽秀秀台” 最優秀歌唱賞 受賞
2002年 ロシア国家交響楽団協調経典で”My Heart Will Go On” 熱唱
2003年 19歳 レコード会社主催 “全国大学生‘?亮之星”歌手大会 四川地区 優勝
2003年 全国大学生“統一冰紅茶”歌手大会 成都地区 優勝
2004年 20歳 全国大学生“統一冰紅茶”歌手大会 全国  優勝
2004年 “京都念慈庵”PUB歌手大会 全国優勝

実際、お金が無くて、遊びも何もできなかったので、週に2,3回はただ、走って、山に登るの唯一の娯楽だったと、本人は言っていましたから、この全国規模の歌謡大会は、お金もでるし、何より、旅行ができるのです。 成都から出たことが無かったので、旅行ができることが、楽しかったのかもしれません。

画像

この写真、7月ですから まだ18歳のLiangyingです。

今よりも、ずっとお姉さんに見えます。
結構、透明感があって、好感が持てます。

それでは、2003年の映像が少し見られるインタビュー番組へ 
私が持っている映像は、古くてノイズが多いし、四川師範大学で出場しているので、こちらの映像で、
youtubeへ

オマケで
2004統一冰紅茶大学生歌手大赛"天涯海角"
http://www.youtube.com/watch?v=6u9q78axBRU


2004京都念慈庵PUB歌手大赛 "What's up" 
http://www.youtube.com/watch?v=22o9augOsTM

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Zhang Liangying (Jane Zhang) の話3 Go liangying !!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる