Go liangying !!

アクセスカウンタ

zoom RSS 茶也飄香歌也飄香 Jane Zhang プーアルで献唱 (今日のLiangying )

<<   作成日時 : 2007/11/18 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

”寧波の公演を終えた张靓颖(チャン・リャンイン Jane Zhang)は2007年11月17日、雲南の有名なお茶里の普洱(プーアル)に到着して、中国モバイルが開催する“歓楽新農村”大規模演唱会に参加した。
この挽会は、プーアル市で最大のスタジアムが開催したが、会場は超満員で、中央の内野席の周りを囲んで立ち見の観衆が3,4周にも膨らむ。
靓颖(リャンイン)が登場する前に、会場全体の観衆はすべて彼女の名前を大きな声で叫んで、リャンインコールが巻き起こり、彼女は、このような情熱に直面して、みんなのために《身体語言》、《我們説好的》そして《如果愛下去》三首歌曲を捧げた。
親切なプーアルの観衆は花束を捧げ、靓颖(リャンイン)に対する好感を表現して、それで靓颖(リャンイン)はすぐに手に持ちきれ無いほどの生花を収穫した。
世界的に有名なプーアル茶の香の舞う万里、今夜、靓颖(リャンイン)の歌声は、プーアル茶の香る普洱(プーアル)の観衆ために、あたかも1杯の音楽の香ばしいお茶を持ってきたようだ。”
 とリャンインの広報は伝えています。 結構盛り上がって、ウケが良かったみたいです。
しかし、普洱(プーアル)か。。昆明のもっと奥ですよ。雲南省ってラオスとベトナムと接しているんですよ。中国の西南の果てです。高山地です。今は漢民族が半分以上ですが、少数民族の宝庫。たしかミャオ族もこの地の民族だったような。。。そんな所です。
インドでいうとダージリンでしょうか??

画像

”リャンインは本当の意味で著名歌手になったんだ。”という気がします。プーアルまで行ってリャンインコールですよ。 凄過ぎます。 

 こんなに有名なら、日本人の涼粉が居たって全然問題ないじゃん。。。(この頃、中国の評論やブログで このブログが中国人が書いているのではないか?と疑惑を持たれています。)

画像


プーアル茶で有名な普洱(プーアル)市の地図も貼っておきますね。
昆明から南南西に500kmくらいでしょうか?
この辺まで来ると標高も高いのではないでしょうか。
まさにお茶の産地というところです。 そこでリャンインコールか。。。。
画像

ちょっと待った! 昨日まで、寧波に居たのにどーやってプーアルに着けたのでしょう?
現在では、上海からプーアルへの直行便があるのでしょうか????
昆明からだって数百Kmあるのに。。。。。
魔界の王子? イリュージョン?? やっぱり超人? 得意のスカイサーカス?
あんまり無理させるなよなぁ。。 これが中国の芸能界か。 日本のピンクレディーのスケジュールもすごかったけど、中国の芸能人も凄いです。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
茶也飄香歌也飄香 Jane Zhang プーアルで献唱 (今日のLiangying ) Go liangying !!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる