Go liangying !!

アクセスカウンタ

zoom RSS 祭伏羲揚伝統文化,張青見穎放歌古城天水

<<   作成日時 : 2009/06/23 02:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

悠久の歴史を持つ中華文明にとって、伏羲は中国文明史上の重要な人物で、中華の各民族の共通の人文の始祖として崇拝されている。
今日、2009(乙丑)年祭祀中華人文始祖伏羲儀式が甘粛天水の伏羲の廟内で盛大に開催された。
http://www.janezhang.com/news/11/1529.html

先ほど訃報を書いたばかりで、。。今日は、喪に伏すことにする。詳しくは明日以降記載する。

続き
2009年6月22日晩、偉大な地震災害救済の精神を高めるため”和諧之夜”をテーマに大規模なスター演唱会(コンサート)が中華文化の発祥の地と名高い天水伏羲の廟で行われ、青見頴は招かれ天水で歌う。
今日の演唱会で、青見頴は演唱したのは、《給不起的愛》、《我們説好的》、《身体語言》、そして《画心》で、天水は民族文化の息吹満ちる都市で、青見頴の歌声は、別の1種の近代的な息吹をここ天水に持ってきた。音や光、そして電気などの近代的な科学技術の産物をさらに加えて、伝統の文明と融合する中、リャンインの歌は更に人々に韻味を感じさせた。(日本語が難しい??)
古服装の映画《画皮》の主題曲である《画心》は、映画の上映以来、全国的に人気の曲となった。今日天水でこの曲を歌い、更に観衆の共鳴を得ることができた。
天水の観衆の青見頴の歓迎する態度は予想出来ないほど熱烈で、四方の観客席の熱烈な歓迎雰囲気は、言い表すことが難しい。青見頴が歌う中で、舞台に上がって花束を捧げる観衆は相前後して数十人もいて、そのために青見頴の胸は本当に花束だらけとなる。天水の観衆のこの情熱は深く青見頴を感動させた。
 伏羲、この人物についての解説には異なっている説明があるが、古典籍の中の彼の発明や業績を示す記述が現存しており、彼は、中華文明の始祖として人々に知られている。 この古代の記録によれば、二進法の始まりや応用理論は、伏羲の制定した八卦にその起源が在るらしく、17世紀にドイツの数学者ライプニッツによって提案され二進法(デジタル)演算をから発展したとする現在のコンピュータ技術もこの伏羲が起源なのかもしれない。
天水はこの伏羲の誕生の地で“羲皇故里”とも言われている。
伏羲の讃える祭りは、天水の千数百年以来の伝統の習わしだそうで、今も形式や方式を変えながら受け継がれているのだそうだ。

明日はリャンインは急いで北京に帰って、北京万達影城CBD店で開催される”25週年風雲盛典曁電影首映礼””トランスフォーマー2”の試写会に参加するそうだ。

画像


画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祭伏羲揚伝統文化,張青見穎放歌古城天水 Go liangying !!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる